天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

マニラで大規模な計画断水/数カ月、680万人に影響か

2019/03/26 14:47

 フィリピンの首都マニラで水を配給する消防士=13日(共同)
 フィリピンの首都マニラで水を配給する消防士=13日(共同)

 フィリピンの首都マニラを中心に水不足が深刻化し、水道会社が大規模な計画断水に踏み切った。約680万人に影響し、2〜3カ月は続く可能性がある。断水が1日21時間に及ぶ地域もあり、人々は生活用水の配給を受けようと行列をつくっている。

 マニラ東部に水道水を提供しているマニラ・ウオーター社は、水不足の原因をエルニーニョ現象の影響としている。マニラへの水供給源のラメサダムは通常水位が80メートル前後だが、3月に入り70メートルを割った。気象当局によると、1998年以来の低水準という。(マニラ共同)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.