天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

B737機、失速防止装置作動か/エチオピア航空首脳が証言

2019/03/25 23:32

 【ニューヨーク共同】エチオピア航空の旅客機ボーイング737MAX8の墜落事故で、エチオピア航空のテウォルデ・ゲブレマリアム最高経営責任者(CEO)が、事故時に自動失速防止装置が作動していたもようだと明らかにした。米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版が25日、インタビューを報じた。

 この装置が事故原因になった可能性が指摘されており、機体を製造した米ボーイングがソフトの修正作業を進めている。事故時に装置が作動していたとみられることを関係者が具体的に証言するのは初めてという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.