天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

サーロー節子さん、法王と対面/「原爆の火」ランプで核廃絶訴え

2019/03/20 22:05

 ローマ法王フランシスコ(右)の手を握るサーロー節子さん=20日、バチカン(AP=共同)
 ローマ法王フランシスコ(右)の手を握るサーロー節子さん=20日、バチカン(AP=共同)

 【バチカン共同】ノーベル平和賞授賞式で被爆者として初めて演説したカナダ在住のサーロー節子さん(87)は20日、バチカンでローマ法王フランシスコの一般謁見に参列し、核兵器廃絶の重要性を訴えた。同席したNPO法人関係者は、福岡県八女市にある広島原爆の「残り火」の火種を移したランプを持参。広島、長崎での悲劇を繰り返さないようにとの願いを込め、法王に火を吹き消してもらったという。

 サーローさんは謁見後に共同通信の取材に応じ、核兵器禁止条約に日本が参加していないことに言及。「法王の平和に向けた強い言葉で日本政府を動かしてほしい。それが被爆者の願いだ」と強調した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.