天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

韓国「戦犯企業製品と明記を」/京畿道の議会で条例案が浮上

2019/03/20 10:29

 【ソウル共同】韓国北部・京畿道の議会で、小中高校の備品のうち、特定の日本企業の製品に「日本の(植民地時代の)戦犯企業が生産した製品」と書かれたステッカーの添付を義務付ける条例案が提案されたことが20日分かった。韓国紙の朝鮮日報が報じた。

 条例案は与党「共に民主党」や野党「自由韓国党」の所属議員らが提案。電機大手などを含む300近い日本企業を「戦犯企業」に指定し、教育当局が実態調査して20万ウォン(約2万円)を超える製品にステッカー添付を義務付ける内容という。

 条例案は道議会の委員会を経て、来月には本会議に上程される見通し。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.