天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

エクアドルで日本の生物学者拘束/クモや昆虫の標本違法に持ち出し

2019/03/18 09:55

 【サンパウロ共同】南米エクアドルの環境省は17日までに、クモや昆虫などの野生生物の標本を違法に国外に持ち出そうとしたとして、生物学者の日本人男性が首都キトの国際空港で身柄を拘束されたと発表した。男性は司法当局により、出国を禁じられた。

 地元メディアによると、男性の名前は「ヒロカズ・S」で今月15日に拘束された。クモやサソリ、チョウ、蜂など約250の標本を北海道に持ち帰ろうとしたとされる。中には生きているものもいた。絶滅の危機にひんしているような希少種は含まれておらず、研究目的とみられている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.