天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

ロヒンギャ「古里」に日本が支援/投資で人権問題の解決促す

2019/02/22 18:28

 【タンドゥエ共同】ミャンマー政府は22日、イスラム教徒少数民族ロヒンギャの「古里」である西部ラカイン州のタンドゥエで投資フェアを開催した。日本は官民で協力。ロヒンギャ迫害の人権問題を非難する欧米諸国とは一線を画し、ミャンマー政府に寄り添い支援することで問題解決を促す戦略だ。

 ミャンマー政府は、貧困がロヒンギャを巡る問題の根底にあるとして、同州経済の底上げや雇用創出に向け日本に支援を要請。日本貿易振興機構や日本大使館などが企画段階から協力した。

 投資フェアには約550人が参加。ミャンマー側は、地元で盛んな農林水産業や観光、資源分野への投資を呼び掛けた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.