天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

バチカンで性的虐待対策会議/未成年保護へ法王主導を強調

2019/02/21 17:45

 20日、バチカンのサンピエトロ広場で虐待の根絶を訴える被害者団体メンバーら(AP=共同)
 20日、バチカンのサンピエトロ広場で虐待の根絶を訴える被害者団体メンバーら(AP=共同)

 【ローマ共同】ローマ法王庁(バチカン)は21日、世界各地でカトリック聖職者による性的虐待事件の発覚が相次いできたことを受け、対策を話し合う「未成年者保護会議」を開いた。24日まで行われ、各国の司教の代表者ら計約190人が参加。醜聞に揺れる中、ローマ法王フランシスコ主導による取り組みを強調する狙いがある。

 法王は会議開催を前に、教会の説明責任や透明性確保の重要性を指摘。各教区で未成年者への虐待が起きてきただけでなく、事件の隠蔽が図られた例もあることを念頭に「(教区トップの)司教は犠牲者の苦しみと悲劇を知り、何をしなければならないか理解してほしい」と訴えた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.