天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

台湾で花火浴びる祭り/旧正月の風物詩、けが人も

2019/02/20 11:24

 19日、台湾南部の台南市塩水で行われた「ロケット花火祭」(共同)
 19日、台湾南部の台南市塩水で行われた「ロケット花火祭」(共同)

 19日、台湾南部の台南市塩水で行われた「ロケット花火祭」で、花火の中を歩く人たち(共同)
 19日、台湾南部の台南市塩水で行われた「ロケット花火祭」で、花火の中を歩く人たち(共同)

 【塩水(台湾南部)共同】花火を体で浴びる珍しい「ロケット花火祭」が台湾の南部、台南市塩水で18〜19日の2日間にわたり行われた。防護服を着用した住民や観光客に花火が激しく当たり、さながら戦場のような光景となった。毎年、春節(旧正月)から15日目の元宵節に合わせて実施、毎回のようにけが人が出る“過激”な祭りだ。

 台湾メディアなどによるとスペインの「牛追い祭り」や、長野県諏訪市の「御柱祭」などと並んで世界十大危険祭りの一つともいわれる。19世紀に疫病が流行した際に爆竹を鳴らす祭りをして疫病が収まったことから、花火に当たり無病息災を祈る習慣になったとされる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.