天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

悪臭のマニラ湾を浄化作戦/フィリピン政府一丸、7年計画で

2019/02/18 15:36

 フィリピン・マニラ湾沿いに掲げられた「遊泳禁止」の横断幕=7日(共同)
 フィリピン・マニラ湾沿いに掲げられた「遊泳禁止」の横断幕=7日(共同)

 【マニラ共同】フィリピン政府が、悪臭やごみの不法投棄など深刻な環境問題を抱えるマニラ湾の浄化作戦に乗り出した。関係省庁一丸で汚水対策やごみの撤去を進め、最長7年の計画で遊泳可能な水質に改善する。観光客の呼び込みにもつなげたい狙いだが、貧困対策とも密接に絡み、目標達成には困難が待ち受けている。

 「世界三大夕日」の一つ。マニラ湾の夕暮れはこう評されることもあり、湾に沿って林立する高層ビルの壁面が夕日で真っ赤に染まる光景は観光客に人気がある。しかし、海に近づくとどぶのような臭いが鼻を突くため、長居する人の姿はほとんど見られない。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.