天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

法王、米名誉大司教の聖職解任/未成年者虐待巡り

2019/02/16 20:34

 【ローマ共同】ローマ法王フランシスコは16日までに、未成年者への性的虐待疑惑が持ち上がり昨年7月に枢機卿を辞職した米ワシントンの名誉大司教、セオドア・マカリック氏(88)の聖職を解くことを決めた。ローマ法王庁が同日発表した。

 バチカンでは21日から初の本格的な「未成年者保護会議」が開かれる。今回の処分は、世界各地でカトリック聖職者による虐待事件の発覚が相次ぐ中で、法王主導の取り組みをアピールする狙いがあるとみられる。

 バチカンは今月中旬、マカリック氏に犯罪的な行為があったと認定。聖職解任は最終的な判断として同氏に15日に通知されたという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.