天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

南スーダン兵の強姦急増/170人超、少女も被害

2019/02/15 18:58

 【ラゴス共同】国連は15日、南スーダン北部のユニティ地方で、政府軍兵士や民兵らによる強姦などの性暴力が急増し、昨年9〜12月だけで少なくとも175人が被害に遭ったと発表した。うち64人が少女で、8歳の被害者もいた。食料や水を手に入れるため徒歩で移動中、襲われることが多いという。

 南スーダンでは2013年に内戦が始まり、昨年9月に政府と反政府勢力が和平協定に署名した。戦闘が減り「待機状態」となった双方の兵士らが、性暴力に加担するようになったという。

 国連によると、175人のうち134人が強姦され、41人も強姦以外の性被害を受けた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.