天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

ホッキョクグマが島の集落を徘徊/ロシア北部、非常事態宣言

2019/02/15 07:50

 11日、ノバヤゼムリャ島ベルーシャ・グバの住宅地を歩くホッキョクグマの親子(@MUAH_IRINAELIS提供、AP=共同)
 11日、ノバヤゼムリャ島ベルーシャ・グバの住宅地を歩くホッキョクグマの親子(@MUAH_IRINAELIS提供、AP=共同)

 【モスクワ共同】北極海に浮かぶロシア北部ノバヤゼムリャ島の集落で、多数のホッキョクグマが出没して住宅地を徘徊するようになり、地元当局は15日までに非常事態を宣言した。残飯などが目当てとみられ、住民に警戒を呼び掛けている。

 同島最大の集落ベルーシャ・グバの行政府によると、これまで集落周辺に5〜10頭しかいなかったホッキョクグマが、昨年末からはごみ捨て場などで52頭も確認されるようになり、住民の後を付いて来る事例も増えている。非常事態宣言は9日に出された。

 世界自然保護基金は、状況を調査する方針で「ごみ捨て場を集落から遠いところに移すことが必要」と指摘した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.