天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

比の捜査局、政権批判の記者保釈/「沈黙してはいけない」

2019/02/14 17:13

 保釈されたジャーナリストのマリア・レッサ氏=14日、マニラ(AP=共同)
 保釈されたジャーナリストのマリア・レッサ氏=14日、マニラ(AP=共同)

 【マニラ共同】インターネットに掲載した記事で男性の名誉を毀損したとして、フィリピン国家捜査局(NBI)が13日に逮捕したニュースサイト「ラップラー」の最高経営責任者(CEO)でジャーナリストのマリア・レッサ氏は14日、保釈金10万ペソ(約21万円)を支払い保釈された。

 レッサ氏は、ドゥテルテ政権の強権的な麻薬犯罪対策を批判的に報道。保釈後、「『おとなしくしていろ。さもなくば次はおまえだ』という政権のメッセージは明白。沈黙してはいけない」と述べ、言論の自由を守る重要性を訴えた。

  国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは、逮捕は政略的だと非難した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.