天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

インドネシア被災地でセミナー/東北の復興経験共有

2019/02/11 18:24

 セミナーで講演する岩手県釜石市オープンシティ推進室の石井重成室長(左)=11日、インドネシア中スラウェシ州パル(共同)
 セミナーで講演する岩手県釜石市オープンシティ推進室の石井重成室長(左)=11日、インドネシア中スラウェシ州パル(共同)

 【パル共同】昨年9月のインドネシア・スラウェシ島中部の地震と津波の最大被災地パルで11日、東日本大震災からの復興経験を共有するために、国際協力機構(JICA)による現地行政官向けセミナーが開かれた。岩手県釜石市と宮城県東松島市の職員が復興計画策定の際には、住民が納得するまで対話を重ね、丁寧に進めていくことが重要だと訴えた。

 スラウェシ島では地震と津波に加え大規模に発生した液状化で被害が拡大し、中スラウェシ州政府によると、死者・行方不明者は計4400人以上。JICAによると「世界でも類を見ない災害」となり、日本は復興計画推進に協力している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.