天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

ロシア当局、連行船員全員を拘束/島根の漁船、数日以上捜査か

2019/02/02 17:56

 【ウラジオストク共同】日本海で操業していた島根県のカニ漁船「第68西野丸」がロシアの警備艇に連行された問題で、同国警備当局者は2日、乗組員全員を拘束していることを明らかにした。ロシアの排他的経済水域(EEZ)に無許可で入り違法にカニ漁をしていた疑いが持たれており、捜査には数日以上かかるもようだ。

 日本政府などによると、漁船には日本人10人が乗船。ロシア側当局者は解放の見通しを明らかにしなかった。船は現在、極東ナホトカの拘束船専用のエリアに停泊しているという。

 ロシア当局が乗組員を聴取し、漁船が操業に必要な書類を所持していたかどうかを調べる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.