天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

韓国が空中給油機を配備/竹島での作戦時間拡大へ

2019/02/01 16:47

 韓国空軍の戦闘機に給油する同軍の空中給油機(韓国国防省提供・共同)
 韓国空軍の戦闘機に給油する同軍の空中給油機(韓国国防省提供・共同)

 【ソウル共同】韓国空軍は1日までに、空中給油機を初めて実戦配備した。空中給油で戦闘機の滞空時間が長くなり、空軍は「遠距離作戦能力が大きく向上する」と意義を強調。日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)や中韓が管轄権を争う東シナ海の暗礁、離於島(中国名・蘇岩礁)で「より効果的な作戦遂行」が可能になるとしている。

 空軍によると、導入機種はKC330。1回の飛行で韓国空軍の主力であるF15K戦闘機約10機に給油可能という。1月下旬に1機が実戦配備され、順次追加し、4機体制とする計画。

 空中給油を受ければ約1時間、作戦時間が長くなるとしている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.