天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

米、中ロ新型兵器に対抗/ミサイル防衛で新戦略

2019/01/18 06:08

 米国防総省で演説するトランプ米大統領=17日(AP=共同)
 米国防総省で演説するトランプ米大統領=17日(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は17日、国防総省で演説し、ミサイル防衛強化のための新たな戦略「ミサイル防衛の見直し(MDR)」を発表した。中国、ロシアが開発する新型兵器を「新たな脅威」と強調。中ロに対抗するため、宇宙空間からミサイル迎撃を支援する高性能センサーなど宇宙配備型の迎撃システムの実現を目指す計画を打ち出した。核・ミサイルを保有する北朝鮮についても大きな脅威と指摘した。

 MDRの発表はトランプ政権発足後初めて。トランプ氏は演説で「米国のミサイル防衛を近代化する。宇宙は新たな戦闘領域だ」と強調し、宇宙分野に重点投資する考えを示した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.