天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

ファーウェイ幹部逮捕状撤回要求/中国、幹部拘束で対抗措置示唆

2018/12/10 14:42

 【北京、ニューヨーク共同】中国外務省の楽玉成次官は9日、米国のブランスタド駐中国大使を呼び、カナダで拘束されている通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の幹部に対する逮捕状を取り下げるよう要求した。米側の対応次第では「さらなる措置を取る」として対抗措置の可能性を示唆した。

 ロイター通信によると、カナダ当局に提出された米当局の訴追資料はファーウェイが2009〜14年に関係会社スカイコムを通じイラン企業と取引した金額を1億ドル(約112億円)と記載。ファーウェイの副会長兼最高財務責任者(CFO)の孟晩舟容疑者は9日明らかになった宣誓供述書で、無実を主張した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.