天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

マレー系の優遇廃止懸念で大集会/人種差別撤廃条約の批准に反対

2018/12/08 19:28

 大規模集会で、国連の人種差別撤廃条約の批准に反対する参加者=8日、クアラルンプール(共同)
 大規模集会で、国連の人種差別撤廃条約の批准に反対する参加者=8日、クアラルンプール(共同)

 【クアラルンプール共同】多民族国家マレーシアの首都クアラルンプールで8日、国連の人種差別撤廃条約の批准に反対する大規模な集会が開かれ、地元警察によると推定5万5千人が参加した。多数派のマレー系国民を進学や就職などで優遇する「ブミプトラ(土地の子)政策」の廃止につながるとの懸念が広がったことが背景にある。

 マハティール政権は人種差別撤廃条約を批准する方針だったが、マレー系からの強い反発を受け、11月23日に見送りを発表した。しかし5月の総選挙で野党に転落した統一マレー国民組織(UMNO)などが、国民の支持を取り戻す好機として集会を開いた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.