天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

仏内相、19年にも辞任意向/マクロン政権失速の印象強まる

2018/09/18 18:50

 フランス国民議会で質問に耳を傾けるコロン内相=12日、パリ(ロイター=共同)
 フランス国民議会で質問に耳を傾けるコロン内相=12日、パリ(ロイター=共同)

 【パリ共同】フランスのマクロン政権の有力閣僚コロン内相(71)は、南部リヨン市長への復帰を目指して2020年の統一地方選に立候補するため、19年5月の欧州連合(EU)欧州議会選以降に内相を辞任する考えを表明した。レクスプレス誌電子版が18日、インタビューを報じた。

 マクロン政権の閣僚の辞任表明は、8月末のユロ前環境相、今月初めのフレセル前スポーツ相に続き3人目。衝撃を避けるための早期表明とみられるが、政権失速の印象が強まりそうだ。

 コロン氏は、17年の大統領選でマクロン氏を支持。新政権で内相に任命され、01年から務めていたリヨン市長の職を離れた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.