天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

米空軍、飛行隊24%増も/中ロ対抗、冷戦期来の拡大

2018/09/18 09:47

 【ワシントン共同】ウィルソン米空軍長官は17日、2030年までに飛行隊の数を現在の312から約24%増の386に増強する必要があるとの考えを示した。中国、ロシアとの「大国間競争」を最優先課題とするトランプ政権の国家防衛戦略に基づく措置で、急速に航空、宇宙戦力を拡大する両国への優位性を保持する姿勢を鮮明にした。

 米空軍は来年春に正式な戦力整備計画を議会に提出する方針で、実現すれば冷戦期以来の増強となる。ロイター通信によると、冷戦期の1987年の飛行隊数は401だった。計画通りに拡大されれば約4万人増員され、空軍全体の要員は約71万7千人となる計算。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.