天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

高等弁務官「法の裁き必要」/ロヒンギャ問題で国連人権理

2018/09/10 21:17

 【ジュネーブ共同】国連人権理事会(47カ国)の通常会期が10日、ジュネーブで開幕した。今月新たに就任したバチェレ人権高等弁務官が冒頭演説し、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害を巡り「法の裁きが必要だ」と述べ、責任追及に向けた取り組みを支持する姿勢を示した。問題を国連総会に付託するため人権理に決議採択を求めた。

 6月に米国が理事会を離脱後、初の会期。ロヒンギャ問題のほか、シリア内戦の人権侵害問題などが主要議題。

 バチェレ氏はまた、ロヒンギャが国外追放された問題で「管轄権を行使できる」とした国際刑事裁判所の判断を「歓迎する」と表明した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.