天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

ロヒンギャ追放調査も、ICC/ミャンマーは反発

2018/09/08 16:38

 バングラデシュ南東部コックスバザールの難民キャンプで、国際医療援助団体の治療を受けるミャンマーの少数民族ロヒンギャの母子=8月27日(ゲッティ=共同)
 バングラデシュ南東部コックスバザールの難民キャンプで、国際医療援助団体の治療を受けるミャンマーの少数民族ロヒンギャの母子=8月27日(ゲッティ=共同)

 【ヤンゴン共同】人道犯罪などで訴追権限を持つ国際刑事裁判所(ICC)は8日までに、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャが国外追放された問題で「管轄権を行使できる」と判断した。今後検察官が予備調査に乗り出す可能性が出てきた。これに対しミャンマー政府はICCの判断を拒否する声明を出し、政府設置の独立委員会による調査で十分との見解を示した。

 ミャンマーはICC設置を決めたローマ条約の加盟国でないが、ICCは「国境を越える今回の犯罪の一部は、ローマ条約加盟国であるバングラデシュ内で起きた」と解釈し、管轄権があるとした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.