天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

ソマリアで自爆、6人死亡/首都の庁舎前、過激派が犯行声明

2018/09/02 21:39

 行政庁舎前の爆発現場を見回るソマリア軍兵士=2日、モガディシオ(AP=共同)
 行政庁舎前の爆発現場を見回るソマリア軍兵士=2日、モガディシオ(AP=共同)

 【ナイロビ共同】ソマリアの首都モガディシオにある行政庁舎前で2日、爆弾が仕掛けられた車が爆発し、子供や治安要員ら少なくとも6人が死亡、14人が負傷した。イスラム過激派アルシャバーブが犯行声明を出した。AP通信が報じた。

 検問を突破しようとした車を治安要員が制止し、乗っていた男が起爆した。付近の複数の建物が衝撃で崩壊したという。

 アルシャバーブは近年、掃討作戦で弱体化したとみられていたが、昨年10月にモガディシオ中心部で爆弾テロを起こし500人以上を殺害するなど、攻勢に出ている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.