天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

ロ外相、9年ぶり訪朝/「情勢改善に貢献用意」

2018/05/31 13:35

 平壌国際空港で北朝鮮の申紅哲外務次官(右から2人目)の出迎えを受けるロシアのラブロフ外相(左端)=31日(共同)
 平壌国際空港で北朝鮮の申紅哲外務次官(右から2人目)の出迎えを受けるロシアのラブロフ外相(左端)=31日(共同)

 【平壌、ウラジオストク共同】ロシアのラブロフ外相は31日、北朝鮮の平壌を空路で訪問し、李容浩外相と会談した。インタファクス通信が報じた。ラブロフ氏の訪朝は約9年ぶりで、金正恩朝鮮労働党委員長が最高指導者になってからは初めて。

 史上初の米朝首脳会談の実現に向けた協議が進む中、ラブロフ氏は「ロシアは朝鮮半島情勢の改善に貢献する用意がある」と述べた。また記者団に「北朝鮮の非核化には、いくつかの段階を経なければならない」と指摘した。

 金正恩氏が中国や韓国などと活発な首脳外交を展開する中、友好国のロシアの存在感は薄れている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.