天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

韓国の徴用工像撤去巡り協議/釜山、区と市民団体

2018/05/31 09:39

 31日、韓国・釜山の日本総領事館付近の歩道上に置かれた徴用工像の前で、プラカードを掲げる市民団体関係者(共同)
 31日、韓国・釜山の日本総領事館付近の歩道上に置かれた徴用工像の前で、プラカードを掲げる市民団体関係者(共同)

 【ソウル共同】韓国の労働組合などでつくる市民団体が、かつて日本に徴用された労働者の像を南部釜山の日本総領事館前に設置しようとして阻止され、近くの歩道に放置している問題で、歩道を管轄する釜山市東区は31日午前、撤去を巡って団体側との協議に臨んだ。団体が自主的な撤去に応じなければ同日午後にも強制撤去に乗り出す方針。

 韓国政府は外交公館の保護などの観点から総領事館前の設置は不適切だとして、釜山市内の「国立日帝強制動員歴史館」への設置を勧めてきたが、団体側は応じていない。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.