天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

「射殺」記者、生きていた/暗殺阻止とウクライナ

2018/05/31 00:56

 【モスクワ共同】ウクライナ保安局のグリツァク長官は30日、記者会見し、首都キエフでロシア人ジャーナリスト、バブチェンコ氏(41)が射殺されたとの情報は、同氏の暗殺を事前に察知し、これを防ぐために流した情報であり、同氏は生きていると発表した。バブチェンコ氏は記者会見場に現れた。ロシア通信が報じた。

 グリツァク氏は「暗殺の依頼者はロシアの特務機関だ」と非難し、暗殺計画の中心人物を30日にキエフで拘束したと述べた。

 バブチェンコ氏は暗殺を防いだ治安当局に謝意を示した。また、妻に対し「2日間にわたり地獄のような思いをさせた」と謝罪した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.