天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

プーチン氏批判のロシア記者射殺/移住先ウクライナ首都で

2018/05/30 12:10

 ウクライナの首都キエフで殺害されたロシア出身のジャーナリスト、バブチェンコ氏=2017年11月(ロイター=共同)
 ウクライナの首都キエフで殺害されたロシア出身のジャーナリスト、バブチェンコ氏=2017年11月(ロイター=共同)

 【モスクワ共同】ウクライナからの報道によると、同国警察は30日までに、首都キエフでロシア出身のジャーナリスト、バブチェンコ氏(41)が射殺されたと明らかにした。同氏はロシアのプーチン政権を批判し、脅迫を受けたことを理由にウクライナに移り住んでいた。

 欧州安保協力機構(OSCE)は、ウクライナ当局に早急な真相解明を求める考えを表明した。ロシアの関与を疑う見方が強まる可能性もある。

 警察などによると、バブチェンコ氏が自宅アパートで血を流して倒れているのを妻が発見した。背後から複数回、銃撃されたとみられ、警察は記者の仕事に絡んで殺害されたとみている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.