天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

トルコの民主主義「崩壊」/大統領選の最大野党候補

2018/05/28 10:34

 トルコ北西部テキルダーで、選挙演説を行う野党、共和人民党(CHP)のインジェ議員=18日(共同)
 トルコ北西部テキルダーで、選挙演説を行う野党、共和人民党(CHP)のインジェ議員=18日(共同)

 【イスタンブール共同】6月24日のトルコ大統領選に出馬した最大野党、共和人民党(CHP)のインジェ議員(54)が28日までに共同通信などの取材に応じ、強権姿勢を強める現職のエルドアン大統領がトルコの民主主義を「崩壊させた」と主張。非常事態宣言下での選挙は「公正に行われない」と批判した。

 当選すれば、2016年のクーデター未遂後から続く非常事態を「まず解除する」と明言。司法の独立など、法治国家の「正常化」が必要だとし、欧州連合(EU)加盟を目指すと表明した。

 インジェ氏は元高校教師で02年から国会議員。非常事態下での選挙はエルドアン氏側を利していると主張し、メディア弾圧が強まる中「トルコメディアは自分をインタビューしに来ない。痛々しい状況」と指摘。大統領のことも批判できる「自由な国民育成」が重要だと訴えた。

 トルコは昨年承認の憲法改正により、大統領選と同時実施の議会選後、大統領に実権が集中する制度に移行するが、インジェ氏は現行の議院内閣制に戻すつもりだと語った。内戦が続く隣国シリアには「新憲法が必要」だとし、トルコはアサド政権と対話を行うべきだと主張した。

 CHPは中道左派の世俗主義政党で、初代大統領ケマル・アタチュルクが創設した。大統領選にはエルドアン氏やインジェ氏ら6人が出馬している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.