天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

「公正な大統領選は不可能」/トルコ、拘束下のクルド候補

2018/05/28 10:33

 拘束下で撮影されたトルコ野党、国民民主主義党のデミルタシュ前共同党首の近影(HDP提供・共同)
 拘束下で撮影されたトルコ野党、国民民主主義党のデミルタシュ前共同党首の近影(HDP提供・共同)

 【イスタンブール共同】6月24日のトルコ大統領選に拘束下で出馬した少数民族クルド人系野党、国民民主主義党(HDP)のデミルタシュ前共同党首(45)=テロ関連罪で公判中=が28日までに弁護士を通じて書面インタビューに応じ、非常事態宣言下で「公正な選挙は不可能だ」と批判した。

 トルコでは2016年7月のクーデター未遂後、エルドアン政権が非常事態宣言の延長を繰り返し、反政府派への弾圧を継続。デミルタシュ氏は16年11月、他のHDP議員らと共に拘束された。

 デミルタシュ氏は書面で「トルコには民主主義が今すぐ必要だ」と強調。非常事態下では「ソーシャルメディアで政府批判しただけで逮捕される」と非難した。

 来年11月の予定だった選挙をエルドアン大統領が前倒ししたのは今後、経済悪化などで選挙が不利になると見越して決定したと主張。自らが当選すれば「非常事態を解除し、不公正な被害を一掃する」と訴えた。

 トルコは昨年の国民投票で憲法改正を承認。大統領選と同時実施の議会選後、大統領に実権が集中する制度に移るが、デミルタシュ氏は現行の議院内閣制への再移行を支持すると表明。クルド問題解決には「議会を中心とした透明性のある話し合い」が重要とした。

 デミルタシュ氏は14年の大統領選にも出馬、エルドアン氏に敗れたが、10%弱を得票した。公判で非合法武装組織クルド労働者党(PKK)との関係を指摘されたが否認。検察側は最長142年の禁錮刑を求めている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.