天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

「ナッツ事件」の趙氏聴取、韓国/外国人違法労働の疑い

2018/05/24 21:01

 ソウルの入管当局に出頭した、大韓航空の副社長だった趙顕娥氏=24日(聯合=共同)
 ソウルの入管当局に出頭した、大韓航空の副社長だった趙顕娥氏=24日(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国の入管当局は24日、家事手伝いのフィリピン人を違法に雇った疑いがあるとして、大韓航空の副社長だった趙顕娥氏を出頭させ取り調べた。聯合ニュースが伝えた。趙氏は2014年、機内で乗務員のナッツの出し方に怒り離陸を遅らせた事件で執行猶予付き有罪判決が確定し、グループ内で経営に最近復帰したばかり。

 趙氏はフィリピン人を大韓航空の研修生と偽って入国させ、違法に家事手伝いをさせた疑いが持たれている。当局は過去約10年間に約20人が雇われ、趙氏や父の趙亮鎬・韓進グループ会長の自宅で家事に従事させたとみて調べている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.