天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

中国爆撃機が離着陸訓練/南シナ海の滑走路か

2018/05/19 11:26

 「南部海域の島しょ」で離着陸訓練をする中国空軍の爆撃機「轟6K」(新華社=共同)
 「南部海域の島しょ」で離着陸訓練をする中国空軍の爆撃機「轟6K」(新華社=共同)

 【北京、ワシントン共同】中国国防省は18日、空軍の爆撃機「轟6K」など複数の爆撃機が「南部海域の島しょ」で離着陸訓練を実施したと発表した。具体的な場所は不明だが、米シンクタンク戦略国際問題研究所(CSIS)のボニー・グレーザー上級顧問は、滑走路が整備されている南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島の永興(ウッディー)島だとの見方を示した。事実であれば南シナ海での爆撃機の離着陸は初めてとしている。

 中国の南シナ海進出に反発する米国をけん制する狙いがあるとみられる。国防省は「全領域に到達し、全方位に攻撃する能力を高めた」と強調した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.