天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

連続自爆テロに高性能爆薬使用/インドネシア、周到準備か

2018/05/15 05:14

 【スラバヤ共同】インドネシア・ジャワ島の東ジャワ州州都スラバヤ一帯で13〜14日に起きた自爆テロを含む連続爆発で、現場や自爆テロ犯の自宅から、高性能爆薬TATP(過酸化アセトン)を使ったパイプ爆弾が発見されたことが15日、国家警察への取材で分かった。

 連続爆発は3家族が関与していたが、警察は周到に準備されたテロ計画だったとみている。TATPは「悪魔の母」の異名を持ち、過激派組織「イスラム国」(IS)が好んで用いることで知られる。2015年のパリ同時多発テロや16年のベルギー同時テロなどでも使用された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.