天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

中国、四川大地震から10年/被災地は愛国教育拠点に

2018/05/12 18:54

 四川大地震から10年を迎え、北川県の地震遺跡を訪れる人たち=12日、中国四川省綿陽市(共同)
 四川大地震から10年を迎え、北川県の地震遺跡を訪れる人たち=12日、中国四川省綿陽市(共同)

 【映秀、曲山共同】中国四川省などで8万7千人超の死者・行方不明者を出した四川大地震が発生してから12日で10年を迎えた。被災地では追悼式典を開催。遺族らが次々に慰霊に訪れ、悲しみを新たにした。習近平指導部は被災地を愛国教育の拠点と位置付け、復興事業で果たした共産党の役割をアピール、党の求心力向上に利用している。

 震源地のブン川県映秀鎮では、倒壊した中学校の校舎が残る「地震遺跡」で追悼式典を実施。党の功績を誇示するため、遺跡前にはこの日に合わせ、党旗を背景に女性が拳を上げた巨大なモニュメントが設置された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.