天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

レバノン総選挙、シーア派が躍進/9年ぶり実施、連立協議へ

2018/05/07 21:52

 【ベイルート共同】中東のレバノンで6日、国民議会(定数128、任期4年)総選挙が行われた。隣国シリアの内戦などによる政治混乱で延期が繰り返され、2009年以来9年ぶりの実施。7日までの非公式開票結果によると、イスラム教シーア派の「ヒズボラ」を軸とする政治連合が躍進し、スンニ派のハリリ首相率いる第1党「未来運動」は10前後の議席を失ったもようだ。

 7日中にも正式発表の見通し。投票率は49・2%。中東の覇権を争うスンニ派のサウジアラビアとシーア派のイランを後ろ盾にした対決は、シーア派優勢の結果となった。今後は新政権樹立に向けた連立協議が大きな焦点だ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.