天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

トランプ氏、健康診断書「自作」/大統領選中、元主治医が証言

2018/05/03 05:15

 トランプ大統領の主治医だったハロルド・ボーンスティーン医師のオフィスの表札=2日、ニューヨーク(ゲッティ=共同)
 トランプ大統領の主治医だったハロルド・ボーンスティーン医師のオフィスの表札=2日、ニューヨーク(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領が大統領選出馬中の2015年に公表した健康診断書は、医師ではなくトランプ氏自身が文言を考えた内容だったことが、2日までに分かった。当時の主治医がCNNテレビに明らかにした。

 15年12月に公開された診断書は、トランプ氏の「体力やスタミナは並外れている」とし「当選すれば、最も健康な大統領になる」と高齢のトランプ氏の健康状態に太鼓判を押す内容。主治医だったハロルド・ボーンスティーン氏が作成したとされていた。

 だがボーンスティーン氏は内容を「トランプ氏が口述した」とし、その通り書いたと証言した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.