天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

中央アフリカで教会襲撃/神父ら15人超死亡

2018/05/02 05:07

 【ナイロビ共同】中央アフリカの首都バンギで1日、武装集団が教会を襲撃し、神父を含む少なくとも15人が死亡、多数が負傷した。ロイター通信が報じた。

 教会はイスラム教徒の居住区近くにあり、武装集団は朝の礼拝に訪れたキリスト教徒らを銃や手りゅう弾で襲った。武装集団の詳細は不明。

 バンギでは4月、国連平和維持活動(PKO)部隊が地元の犯罪組織と衝突し、20人以上が死亡している。

 中央アフリカでは近年、イスラム教徒主体の武装勢力「セレカ」と、キリスト教徒が主なメンバーの武装勢力「アンチ・バラカ」の間で戦闘が激化。その後、セレカが内部分裂するなど情勢が混乱している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.