天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

ガンジス川沐浴「危険」と地元紙/汚染深刻、信者の危機感薄く

2018/05/01 20:24

 ガンジス川のほとりで体を洗ったり、洗濯をしたりする人たち。傍らでは牛も水に入っていた=4月17日、インド北部バラナシ(共同)
 ガンジス川のほとりで体を洗ったり、洗濯をしたりする人たち。傍らでは牛も水に入っていた=4月17日、インド北部バラナシ(共同)

 ヒンズー教徒が「聖なる川」とあがめるインドのガンジス川で、巡礼者が沐浴するのは「危険」と地元紙が警鐘を鳴らしている。昨年の政府調査で、最大で基準値の23倍のふん便性大腸菌が検出された地域もあり、汚染が深刻だからだ。しかし聖地の信者たちの危機感は薄い。

 中流に位置する聖地、北部バラナシでは川岸に沐浴場があり、多くの信者が水に入ったり口をゆすいだりしている。インドの多数派ヒンズー教徒はガンジス川の水に「罪を洗い流す効果がある」と信じている。

 インド紙ヒンドゥスタン・タイムズは3月末、バラナシの調査地点で基準値に対し9〜20倍の大腸菌が検出されたと報じた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.