天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

シリア化学兵器使用疑惑390件/14年以降、英指摘

2018/04/16 21:50

 【ブリュッセル共同】化学兵器禁止機関(OPCW、本部オランダ・ハーグ)は16日、シリア東グータ地区ドゥーマでの化学兵器使用問題で執行理事会を開催した。各国代表のツイッターなどによると、英代表は、シリアで禁止化学物質の使用が疑われた事案が2014年以降、390件あったと指摘し、これに対処できず「その後の野蛮な化学兵器使用」を招いたと訴えた。

 また、シリアのアサド政権の後ろ盾となっているロシアが「16年以降、政権の化学兵器使用疑惑の究明に当たるOPCWのあらゆる活動を妨げようとしてきた」と強調。ロシア代表は、米英が「調査の信頼性を損ねようとした」と主張した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.