天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細
 
 

大戦時、英王室宝石を地中に隠す/ナチス警戒、缶に入れ

2018/01/13 08:44

 【ロンドン共同】第2次大戦中の1940年ごろ、ナチス・ドイツが英国に侵攻する万一の事態を警戒し、英国王室に伝わる貴重な宝石がビスケットの缶に入れられ、ロンドン郊外にあるウィンザー城の地中に隠されたことが明らかになった。12日付の英紙タイムズが伝えた。

 現在のエリザベス女王の父で当時の国王ジョージ6世が宝石を隠すよう命じたことが、王室の司書から国王の母親のメアリー王妃に宛てた書簡に記録されていた。宝石はその後無事回収されたとみられる。

 隠されたのは英王室に伝わる王冠に付いているサファイアやルビー。ウィンザー城の門付近に深い穴を掘り、缶に入れて保管された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.