天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

メルケル首相、大連立へ協議開始/第2党党首と会談、反対論も

2017/12/14 09:45

 ドイツのベルリンで社会民主党のシュルツ党首らとの会談を終えたメルケル首相=13日(ゲッティ=共同)
 ドイツのベルリンで社会民主党のシュルツ党首らとの会談を終えたメルケル首相=13日(ゲッティ=共同)

 【ベルリン共同】ドイツのメルケル首相は13日、自ら率いる第1党の保守、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と第2党の中道左派、社会民主党(SPD)による大連立を目指し、SPDのシュルツ党首らとベルリンで会談した。実際の折衝は年明けからとみられているが、事実上の連立協議の開始と受け止められている。

 メルケル氏は9月の総選挙後、CDU・CSUと環境政党など2党による連立を目指したが、協議が決裂。連邦議会(下院)の解散総選挙や、少数政党による不安定な政権運営の回避には、2013年から続いてきたSPDとの大連立を継続する以外に選択肢がない。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.