天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細
 
 

国連人権理決議にミャンマー反発/ロヒンギャで

2017/12/07 19:33

 【バンコク共同】ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害を非難した国連人権理事会の決議について、ミャンマーの政府系新聞は7日、同国の主権を侵害し、十分な証拠のない主張が含まれているとして「分裂や分断、対立を引き起こす」と反発する政府当局者の声明を報じた。

 政府の公式見解とみられ、ロヒンギャを巡る国際社会とミャンマーの溝は依然埋まっていない。

 声明は決議について、特定の人々に焦点を当てていると批判。西部ラカイン州で治安当局と衝突した「アラカン・ロヒンギャ救世軍」(ARSA)による攻撃についても非難していないとして不満を表明した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.