天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

ローマ法王「核保有」を初批判/軍拡に警鐘、廃絶努力促す

2017/12/06 08:59

 ローマ法王フランシスコ(AP=共同)
 ローマ法王フランシスコ(AP=共同)

 【ウィーン共同】ローマ法王フランシスコが先月、被爆者らと面会した際「核兵器の保有だけでも断固として非難されるべきだ」と述べ、核保有を初めて明確に批判したことが分かった。法王庁が6日までに確認した。法王はこれまでも「核抑止力」に否定的な姿勢を示してきたが、核保有にまで踏み込んで発言してこなかった。

 核兵器を違法化する核兵器禁止条約が7月、国連で採択された。だが米ロなど核保有国は安全保障を優先し反対している。軍縮に逆行して保有国が核の近代化や戦力増強を進める中、核保有批判を明確にすることで、現状に警鐘を鳴らし核廃絶への努力を促した形だ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.