天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細
 
 

米下院、予算決議案を可決/税制改革へ「重要な一歩」

2017/10/06 07:25

 共和党所属のポール・ライアン下院議長(AP=共同)
 共和党所属のポール・ライアン下院議長(AP=共同)

 【ワシントン共同】米議会下院は5日、中期的な財政の大枠を定める2018会計年度(17年10月〜18年9月)の予算決議案を賛成多数で可決した。トランプ政権が経済政策の柱に据えた税制改革の実現に前進した。ホワイトハウスは「税制改革への道筋を整える重要な一歩だ」との声明を発表した。

 上院の定数100のうち与党共和党の議席数は52にとどまるが、上院が下院と同じ内容の決議案を可決すれば、上院も下院と同じように過半数の賛成で税制改革案を可決できるようになる。

 ただ、共和党の上院議員の一部は、法人税率の大幅引き下げなどによる財政赤字の拡大に懸念を示している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.