天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細
 
 

「盗聴」の主張撤回せず/ホワイトハウス

2017/03/21 06:00

 【ワシントン共同】スパイサー米大統領報道官は20日の記者会見で、米連邦捜査局(FBI)のコミー長官が、昨年の大統領選中にオバマ前大統領に盗聴されたとするトランプ大統領の主張を否定したことを受けて「何も変わらない」と述べ、主張を撤回する意向がないことを強調した。

 コミー氏は20日の議会公聴会で「FBIにも司法省にも(盗聴を裏付ける)情報はない」と明確に否定。オバマ氏への謝罪を求める声も強まる中、トランプ氏は苦しい立場に追い込まれている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.