天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

米、シリア戦闘再開に懸念/ロシアと多国間協議を継続

2016/10/25 10:21

 【モスクワ、ワシントン共同】ケリー米国務長官とロシアのラブロフ外相は24日、シリア情勢を巡って電話会談した。ケリー氏はロシア軍とシリア政権軍が22日に攻撃を再開したことに懸念を表明。ラブロフ氏は米国がシリア北部アレッポの穏健な反体制派に影響力を行使し、過激な武装勢力から引き離すよう改めて要求した。

 ロシア外務省によると、両氏はアレッポ情勢の正常化の方策などについて話し合いを継続することで一致した。米ロ間で合意した停戦が崩壊した後、米国は2国間協議を行わない方針を示しているが、米国務省によると、ケリー氏はシリア情勢を巡る多国間協議は続ける意向を伝えた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.