天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

イラン大統領、米選挙酷評/融和路線への反発に配慮か

2016/10/24 05:23

 23日、イラン西部アラクで聴衆に語り掛けるロウハニ大統領(イラン大統領府提供・AP=共同)
 23日、イラン西部アラクで聴衆に語り掛けるロウハニ大統領(イラン大統領府提供・AP=共同)

 【テヘラン共同】イランのロウハニ大統領は23日、米大統領選の民主党クリントン、共和党トランプ両候補について「お互いを責め、さげすみ合っている。そんな民主主義は必要なのだろうか」と述べ、これまでの選挙戦を酷評した。西部アラクでの演説内容をイランメディアが伝えた。

 AP通信によると、ロウハニ師が公の場で米大統領選に言及したのは初。昨年7月に欧米などとイラン核合意を果たすなど、同師は国際社会との融和路線も進めており、国内で反米の保守強硬派が強める反発に配慮を示した可能性もある。

 今月19日にはイランの最高指導者ハメネイ師も、米大統領選の選挙戦を非難していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.