天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

アフガン、アヘン生産量43%増/国連報告

2016/10/23 22:51

 アフガニスタン南部カンダハル州のケシ畑=4月(AP=共同)
 アフガニスタン南部カンダハル州のケシ畑=4月(AP=共同)

 【ウィーン共同】国連薬物犯罪事務所(UNODC)とアフガニスタン麻薬対策省は23日、同国で2016年に収穫されたケシを原料とするアヘン生産量が、昨年に比べて43%増え、推定で4800トンに上ったと発表した。ケシの栽培面積も10%増の20万1千ヘクタールとなった。

 UNODCのフェドトフ事務局長は「違法薬物などの問題と闘う努力に逆行している」と懸念を表明。麻薬資金がテロや汚職を助長しているとして、ケシ栽培の根絶や貧困解決に向け、アフガンの持続的な発展を支援するように国際社会に求めた。

 報告では、ケシの1ヘクタール当たりの平均収穫量は23・8キロだった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.