天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

トランプ氏、激戦オハイオで演説/異議申し立ての権利温存

2016/10/21 06:32

 演説するトランプ氏=20日、オハイオ州デラウェア(ゲッティ=共同)
 演説するトランプ氏=20日、オハイオ州デラウェア(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】米大統領選で劣勢の共和党候補トランプ氏は20日、激戦州オハイオで演説し、敗北した場合に選挙結果を受け入れるかどうか19日の第3回テレビ討論会で明言しなかったのは「不確かな結果に異議を申し立てる権利や法的な手段を温存しておく」ためだと説明した。

 演説でトランプ氏は「結果を完全に受け入れることを全国民に約束する。私が勝てばね」と述べ、支持者から喝采を浴びた。2008年の共和党大統領候補だったマケイン上院議員は「選挙結果を受け入れるのは国民の意思に敬意を示すことであり、指導者としての責任だ」としてトランプ氏の姿勢を批判した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.