天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

ロッテ会長一家を在宅起訴/横領で韓国検察、贈賄捜査不発

2016/10/19 16:35

 逮捕状審査のため、ソウル中央地裁に出頭した韓国ロッテグループの重光昭夫会長=9月28日(共同)
 逮捕状審査のため、ソウル中央地裁に出頭した韓国ロッテグループの重光昭夫会長=9月28日(共同)

 【ソウル共同】韓国のソウル中央地検は19日、韓国ロッテグループの重光昭夫(韓国名・辛東彬)会長(61)と、兄の宏之(同・辛東主)・ロッテホールディングス(HD)元副会長(62)、兄弟の父でグループ創業者の武雄(同・辛格浩)HD名誉会長(94)を横領などの罪などで在宅起訴し、一連の捜査を終えた。

 検察は昭夫被告の逮捕も目指したが裁判所に認められず、当初目指した李明博前政権に対する贈賄疑惑の解明にも失敗し、捜査は不発に終わった。ロッテはブランドイメージが傷ついたが、トップの逮捕で経営の意思決定に空白が生じる事態は免れた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.